• HOME
  • 慰謝料について

交通事故の慰謝料

慰謝料とは、精神的な苦痛をこうむったことによる損害をいいます。

なお,慰謝料の基準は,自賠法16条の3の基準と日弁連基準,そして裁判所基準があります。自賠責基準と日弁連基準はそれぞれ公表されていますが,裁判所基準は表があるわけではありません。

 

00D_3332.JPG

 いずれにせよ,通常は,被害者が相手方任意保険会社を弁護士抜きで示談しようとする場合,保険会社は,自賠責保険基準で,金額を決めます。

 

この金額は,日弁連が適切と考えて決定した金額に比べ、非常に低い場合が多いです。保険会社の提示額をそのまま受け取ると、適正な金額を獲得できない可能性が非常に高いのです。

 

 

傷害慰謝料(入通院慰謝料)

事故でけがをし,入通院をしなければならなくなったことにより精神的苦痛をこうむったことによる損害。原則,入通院の期間が考慮要素となります。


 

後遺障害慰謝料

後遺障害が残ったことにより精神的苦痛をこうむったことによる損害。後遺障害の等級に応じた基準があります。


 

死亡慰謝料

死亡による精神的苦痛に対する金銭賠償です。近親者固有の慰謝料も含まれます。


 

死亡事故

弁護士会基準

死者の立場により算出します。

一家の支柱 2800万円
母親・配偶者 2400万円
その他の場合 2000万円~2200万円


ただし、場合により増減されることがあります。

 

 

自賠責保険の基準


死亡者分 350万円
遺族の慰謝料

人数によって異なります。

(請求者は父母・配偶者・子に限られる) 

1名 550万円
2名 650万円
3名以上 750万円


死亡者に被扶養者がいる場合は200万円加算されます。

 

 

任意保険の基準

各保険会社によって異なりますので,一覧表にすることができませんが,日弁連基準や裁判所基準よりは低額です。

 

まずはお電話ください。

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME    解決事例    ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用