• HOME
  • 物損の損害賠償

物損の損害賠償

物損事故の場合の損害賠償請求については,次の点に注意が必要です。

物損事故に関しては,自賠法が適用されず自賠責保険からの支払いはありません。

 

 

したがって,相手方が任意保険をつけていない場合,原則として,相手に直接請求することになります。この場合,相手方の経済力によっては,損害が回収できない場合もあります。このリスクをカバーする自身の任意保険もあるようです。

  

・過失の立証責任は被害者側に帰属します。

・原則として慰謝料は認められません。ただし,毀損された対象物がなくなった親族の忘れ形見である場合などは例外的に僅かな金額ですが,認められた裁判例があります。

物損事故の損害賠償は大きく以下のように分類することができます。
 

 

車の全損

修理が技術的に不可能な場合,事故時の車の時価が損害額となります。
この場合,買い替えまでの代車料,営業用の車なら休車損も損害として認められます。


 

車の一部損壊

車の修理代と,事故時の車の時価のうち,低いほうが損害額となります。
全損と同様に,代車料と休車損も損害として認められます。


 

評価損

たとえば,新車を購入した直後に事故にあい,事故車扱いとなるために車両の市場価値が下がった場合に,その評価額の低下相当額を評価損といいます。

 

この評価損は,通常,評価額の下落の著しいとされる場合には認められる事もありますが,被害が軽度である場合など常に認められる訳ではありません。

 

 

店舗などの破壊

建物の修理費,物品の修理・交換費,清掃費用,休業補償の合計(金額)となります。
電柱や塀を破損した場合は,新品の価格を弁償します。

 

まずはお電話ください。

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME    解決事例    ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用