過失相殺とは

過失相殺とは、交通事故の原因等において、被害者側にも事故が起きた責任が一部あると認められた場合、賠償金額が減額になることをいいます【民法722条】。

 

わかりやすくいいますと、仮に、被害者であるあなたに2割の過失があるということになった場合、あなたに生じた損害額が1000万円だったとすると、賠償金額が800万円となります。大きな被害が生じていればいるほど,過失の1割の変化が何百万もの差を生む事もあるので,大いに注目すべき事です。

 

具体的に起きた交通事故について,その事故での加害者と被害者の過失の割合がどれくらいになるのかについては、原則として,裁判官の裁量に任されており,確実な法律の規定はありません。

 

ただし,交通事故の解決を公平にはかるために,実際は,過去の裁判例をもとに作成された過失相殺率の認定基準が設定されています。

  

財団法人日弁連交通事故相談センター編『民事交通事故訴訟・損害賠償算定基準』(実務の世界では赤本といいます。)にも多くの具体的事例を例として,どういった事故の歳に,当事者の過失割合を定めていて,事故が起きた場合の過失相殺の割合をある程度客観的に知ることができます。

 

IMG_90690001.png

保険会社も、上記認定基準を参考にして被害者の過失を主張してきます。しかし、基準はあくまで典型例を基にしています。

「過失の割合がどれくらいになるのか」という判断はそう簡単にできるものではありません。

 

「被害者側に過失がある」という主張があるからには、過失があるという主張のもととなる事実(たとえば、被害者車両に速度違反があった、中央に寄らずに右折した、など)が主張されているはずですが、その事実が本当にあったのかどうかを検討する必要があります。

 

そのような事実がないということをより説得的に説明するには、事後直後の客観的な状況を当時の警察の作成した書面や写真,当時者自身が当時の状況を再現できるように写真を撮影したりするということが重要になってくるでしょう。

 

そして、仮に事故状況が把握できたとしても、それが何割ぐらいの過失になるかということを丁寧に評価する必要があります。

 

上記の基準は,過失の割合を増減させる様々な場合もあることを想定しており,たとえば,加害者に著しい落ち度が見られる場合,ある事故状況の場合に,加害者と被害者の過失の割合が7対3のところ,加害者にひどい落ち度が見られた場合,過失の割合を8対2にするなどです。

過失相殺は,損害賠償額を大きく変化させます。過失相殺の点について不安を感じられた場合には当事務所にご相談ください!

 

まずはお電話ください。

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME    解決事例    ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用